WSLブログ

AIが神になる日 <シンギュラリティーが世界を救う>

AIが神になる日 <シンギュラリティーが世界を救う>
 
こちらで高木教授の推薦図書について紹介させていただきます。

「コンピューター技術の発展型であるAIと、その究極の姿であるシンギュラリティーは、人類に何をもたらすか?」
シンギュラリティー実現の時期が近づきつつあるなかで、今後人間がどのようにAIに向かい合うべきかを提示する一冊。

 

私の信頼する友人である、松本徹三氏(元ソフトバンクモバイル取締役副社長)が執筆した本です。展開が非常に広範でありながら理解が深く、私も推薦しています。
(高木友博)

◆ AIが神になる日 <シンギュラリティーが世界を救う> 松本 徹三 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4797393068

高木教授がインプレスWeb担当者フォーラムで講演をしました。

高木教授がインプレスWeb担当者フォーラムで講演をしました。
 

高木教授が「Web担当者フォーラム2016秋」で、マーケティングへの人工知能活用に向けて、知っておくべき人工知能の基礎に関する講演を行いました。

 

また、同Webサイトで紹介もされています。

 
■ Web担当者Forum
「マーケティングで利用するために知っておくべき人工知能(AI)の基礎知識」
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2017/01/05/24546

研究室クリスマスパーティを開催しました!

 

先日12月15日(木)に、毎年恒例の研究室クリスマスパーティを開催しました。

ChiristmasParty2016

人工知能学会全国大会2016

人工知能学会全国大会2016

 

私たちは、福岡県北九州市にて開催された人工知能学会全国大会2016に参加してきました。

本研究室の取り組みが「Meiji.net」で紹介されました.

本研究室の取り組みが「Meiji.net」で紹介されました.
ーーーーー

私たちの「人工知能 x デジタルマーケティング」の取り組みが、明治大学のブランディング・サイト「Meiji.net」の記事になりました。
ここでは、人工知能が次世代マーケティングにどう応用されていくべきなのか、その可能性について述べています。

 

■ 今の注目のトピック「人工知能がマーケティングを変える!?」
http://www.meiji.net/topics/information-topics/topics20160530

■M’s Opinion~社会への提言~「人工知能がマーケティングを進化させる」
http://www.meiji.net/opinion/information/vol97_tomohiro-takagi

 

Meiji.net

サイバーエージェントAIラボとの共同研究がメディアに掲載されました。

サイバーエージェントAIラボとの共同研究がメディアに掲載されました。
私たちの研究室では「データドリブンマーケティング」を主要テーマに位置付けていますが、その1つの取り組みとして人工知能をアドテクロジーに応用する研究をしています。
最近、サイバーエージェントAIラボとの共同研究が幾つかのメディアに取り上げられたり、対談記事が雑誌に掲載されましたので、紹介させていただきます。

■ マイナビニュース
「サイバーエージェント、明大高木教授と広告クリエイティブ最適化技術研究」
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/29/241/

■ MarkeZine
「サイバーエージェント「AI Lab」、明治大学と産学連携へ~人工知能×アドテクノロジー活用を推進」
http://markezine.jp/article/detail/24001

■ MarkeZine 2016 5月号 人工知能でマーケティングを加速する
「アドテクノロジー領域におけるAI活用 」(対談)
http://markezine.jp/subscription/

研究室クリスマスパーティを開催しました!

 

昨年の12月17日(木)に、毎年恒例の研究室クリスマスパーティーを開催しました!

2015Christmas

人工知能学会全国大会2015

私は、人工知能学会全国大会2015@北海道に参加してきました。

AI

人工知能学会全国大会2014

私は,愛媛県松山市にて2014/05/12-15までに行われた人工知能学会全国大会2014に参加してきました.
人工知能学会は,その名の通り人工知能に関する専門家から,
ロボット,脳科学,認知言語学,発達心理学等,多種多様な専門家が集まる学会です.
また,近年ではGoogleを代表とする様々な企業もスポンサーとなっています.

AI学会b